RSS

定番の美味しい「そうめん」が、結婚して初めての夏ギフトにピッタリな理由

結婚すると、年齢に関係なく、大人としてのお付き合いが必要になってきます。結婚後、初めて迎える夏を目前に、お互いの両親や親類への夏ギフト(お中元)をどうしようと悩んでいる方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか?   日ごろの感謝の気持ちを伝えるために贈るのですから、相手の方が喜んでくださる物を贈るのが一番ですが、結婚後にお付き合いを始めたばかりでよく分からない場合は、奇をてらったギフトより、“定番”と呼ばれる品物を贈ることを強くお勧めします。   中でも、老舗の美味しい「そうめん」は、何を贈ったらいいのか?と悩んでいる新婚の方に、是非とも選んでもらいたい夏ギフトです。なぜなら、【失敗が少ない】からです!   その理由は、3つあります。 老舗の「そうめん」は、美味しいのはもちろんのこと、   1、相場(予算)にピッタリ 2、季節感にピッタリ 3、上質感を醸し出すのにピッタリ   ですから、申し分ないのです。それでは、ひとずつご説明しましょう。  

高額すぎると相手の負担に!夏ギフトの相場とは?

  日ごろの感謝を伝える夏のギフト(お中元)は、金額よりもその気持ちが大切ではありますが、金額の相場としては3,000円〜5,000円くらいとなっています。   本来、お中元はお返しが不要とされていますので、あまりにも高価な品物を贈ってしまうと、「お返しをしなくては!」と受け取った相手の方が、精神的に負担と感じる可能性もあります。感謝の気持ちを贈ったはずが、相手に負担を与えてしまっては元も子もないですよね。   その点、「そうめん」であれば、金額の相場に合った値段設定となっています。そうめん発祥の地である奈良県の伝統ある三輪そうめんで、このような専用の木箱に入った商品であっても、【送料込み】で3,000円〜5,000円に収まりますので、相手の負担になりません。 そうめん 出典:http://ikerishop.com/SHOP/ORT-30.html

夏ギフトは、季節感重視!

そうめん2 出典:http://ikerishop.com/SHOP/ORT-30.html   お中元の時期は、関東なら7月初旬から15日ごろまで、関西なら7月下旬から8月15日までとされています。地域によって時期は異なりますが、夏の暑い時期の行事であることに変わりありません。ですから、夏の暑さに合う、季節感のあるギフトが大変喜ばれます。   その点、「そうめん」は、見た目もつるっとした喉越しも「涼を感じる」という言葉がピッタリの食べ物です。まさに夏の麺であり、大切な方へ“涼”を贈ることができる、最適のギフトではないでしょうか。   暑い季節のギフトとして、水ようかんやゼリーなどの和菓子・洋菓子も定番ではありますが、お盆の帰省時に手土産としてそういった品物を持参する場合、夏ギフトで贈った品物と内容がかぶってしまうこともあるかもしれません。「そうめん」ならそういった心配はありませんよね!

「老舗」・「伝統」がキーワード。量より質で勝負!

そうめん3 出典:http://ikerishop.com/SHOP/ORT-30.html   夏のギフトとして喜ばれるのは、「自分では買おうとは思わないけれど、頂くと嬉しいもの」です。定番と呼ばれる、良く選ばれる夏ギフトのほとんどが食品であるのも、上質感のある、普段では味わうことがない物が求められているからではないでしょうか?   質を重視した、普段とは違ったものといえば、「老舗」の品物や「伝統」が息づく商品を思い浮かべる方も多いかと思います。伝統の技が光る、老舗にしか出せない奥深い味を頂ける美味しい「そうめん」は、まさしく、「自分では買わないけれど、もらうと嬉しいもの」であり、喜んでもらえること間違いなしです。   また、こういった手延べそうめんは、機械で製麺された安い量産物とは違って、茹でても伸び過ぎることなく、なめらかな口当たりで麺のコシも強いため、素人でも質の違いがハッキリと分かります。ワンランク上の上質感を醸し出せる、老舗の美味しい「そうめん」が、定番中の定番であるのはうなずけますね。   百貨店での販売実績があり、皇室の方々にも御嘉納頂いている老舗であれば、専用の木箱入りで包装紙・のし紙に至るまで気を配っていますし、商品以外の質という点でも申し分ありませんよね。簡易包装や「のし紙」を間違えるなど、ネット店舗にありがちな粗相も心配しなくて済みます。 そうめん4 出典:http://ikerishop.com/SHOP/ORT-30.html

【定番】は【安心】なのです!

いかがでしたか?日ごろの感謝を夏ギフトに込めて贈るには、相手が喜んでもらえるものが一番ではありますが、まだ日が浅く、何を贈ろうか迷われているのであれば、定番であり、かつ高級感、季節感あふれる、老舗の「そうめん」を是非とも選択肢に入れて下さい。   友人関係とは異なり、結婚後の、実家や親類とのお付き合いには、マンネリを心配する必要はありません。奇をてらうのではなく、幅広い層に喜ばれる【定番】の贈り物を選択しましょう。老舗の美味しい「そうめん」なら、【安心】して夏を迎えられますよ。   贈り物に選ばれ続けている、池利の三輪そうめんは、こちらから。

この記事を書いた人

【ライター名】あまのがわ 主婦。結婚1年目に、気負い過ぎて、“あえて”定番をはずした夏ギフトを贈ったことで、お互いの両親から大目玉を食らうという大失態を経験。[定番]は[安心]も内包していると実感し、それ以降、定番で上質な品物を贈っている。
読物
上へ戻る