トップメッセージ

 大和・三輪山のふもとは、そうめんのふる里。

この地で弊社は、代々伝わる手延べの技を受け継ぎ160有余年、そうめん一筋に研鑽を重ね技を磨いて参りました。

成熟社会における生活意識はますます多用化、個性化へと変化しています。簡便合理志向への反面、アメニティ、健康、本物志向、自己・自分流を持ち合わせる市場背景は、自然環境への関心、知的な充足感、心と体の豊かさなど価値観の変化も大切な要因となっています。

 このようななかで、食のライフスタイルに合ったマーケットセグメンテーションは商品化において欠かせません。

池利は伝統の手延べの技を用い、次世代の感性で食のニーズに応えるべく新しい需要への対応をいつも考えており、独自の麺文化を提案していきたいと存じます。

かたくなに守り続けるだけが伝統ではありません。常に新しさを求めることも伝統のひとつであると考えています。伝統を受け継ぎながら、明日の麺文化をみつめていきたいと思います。受け継いで1200年、こだわって160有余年、伝えたい日本の麺文化一、池利の三輪そうめんを今後とも一層のお引立て、ご指導を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

株式会社池利代表取締役社長 池田利一

商号 株式会社 池利
創業 嘉永3年(1850年)
資本金 4500万円
本社 奈良県桜井市茅原419 TEL:0744-43-2421
本部 奈良県桜井市芝322-2 TEL:0744-43-2421
三輪素麺工場 奈良県桜井市大泉544-2 TEL:0744-43-8958
東京営業所 東京都北区田端4-6-14 TEL:03-5834-0961
福岡営業所 福岡市博多区博多駅東3−9−7 TEL:092-471-7694
池利三輪素麺茶屋 千寿亭 奈良県桜井市芝293 TEL:0744-45-0626
本社

本社
三輪素麺工場

配送センター
本社

三輪素麺工場
三輪素麺工場

三輪素麺工場(乾燥場)
本社

東京営業所
三輪素麺工場

福岡営業所

歴史・沿革
昭和3年
高島屋、大丸と取引開始
昭和3年
御大典記念国産振興博覧会(於 東京上野公園)で受賞
昭和4年
近鉄と取引開始
昭和4年
三色素麺(玉子素麺、薄茶素麺)の誕生
昭和6年
大丸京都店で素麺作り実演
昭和10年
全国各百貨店と取引開始
昭和27年
株式会社池利商店を設立
昭和29年
東京営業所を新宿に設置
昭和30年
第一工場(春雨製造工場)新設
昭和43年
本社新社屋並びに倉庫、作業所新設
昭和50年
葛きり工場を新設
昭和51年
三輪素麺工場を新設
昭和52年
本社増築
昭和55年
福岡営業所を設置
昭和55年
本社配送センター新設
昭和55年
三輪素麺茶屋「千寿亭」開設
昭和57年
三輪素麺工場を移転し新設
平成5年
葛きり工場を移転し新設
平成7年
株式会社池利に社名変更
平成12年
東京営業所 新宿に土地取得
平成15年
三輪素麺工場増設
平成20年
東京営業所東京都北区田端へ移転
平成20年
確定拠出退職金制度(401K)導入

大正13年昭和天皇御成婚、昭和3年口廣古の御大典、昭和7年大和平野での大演習行幸の砌前後3回にわたりまして、 弊社謹製素麺を献上。以来毎年、皇居をはじめ各宮家の皆様にご嘉納頂いております。また、昭和3年5月 東京上野公園で開かれました御大典記念国産振興博覧会では、純白・玉子入り・抹茶入りの3種とも全国唯一の 有効賞牌を受け、その他の各地の博覧会に出品して金銀牌、褒賞を十数回受賞いたしました。


アクセスマップ

■西名阪天理ICから169号線を南に車で約20分
■近鉄桜井駅から169号線を北に車で約5分
■JR三輪駅から歩いて約10分

・大神神社から歩いて約10分、車で約3分。
・長谷寺から車で約20分。
・多武峯談山神社から車で約30分。
・飛鳥から車で約20分。

大きな地図で見る