RSS

池利 三輪素麺茶屋「千寿亭」の小売コーナーが充実しております


池利 三輪素麺茶屋 千寿亭の小売コーナーが充実しております。


千寿亭でのおいしいお食事とともに、小売コーナーもお楽しみいただいております。

■人気があります。新商品「千寿亭のめんつゆ」

奈良県産大豆を用い、吉野杉の木桶でしっかりと発酵熟成しました。
片上醤油の淡色天然醸造醤油を使った千寿亭がこだわり抜いためんつゆです。


■そうめん ふし 「かんざし」

そうめんかんざしとは麺を干す際にできる上下の端の部分。
引っ張られている分だけコシがあります。
三輪では昔より作り人が好んできた風土食なのです。


千寿亭にお越しの際には小売コーナーにお立寄ください。

・三輪素麺専門店「千寿亭」のご紹介はこちらから!

・千寿亭で使用している素麺はこちら「山辺の道」

千寿亭がVTV(ベトナム国営テレビ)の取材を受けました!


ベトナムよりVTV(ベトナム国営テレビ)のクルーがやってきました。

池利三輪素麺茶屋「千寿亭」を取材・撮影いただきました。

まずは打ち合わせ。

日本の麺文化を伝える放送内容。

職人の手。 料理長の真剣な表情を丁寧に撮影いただきました。



当店定番メニュー「冷やし素麺」が神々しく照らされております。



当店人気メニュー「トマト味噌にゅうめん」

味噌味がどのようにベトナムへ放送されるのでしょうか。

「三輪そうめん」がどう紹介されるのか楽しみです。

・三輪素麺専門店「千寿亭」のご紹介はこちらから!

・千寿亭で使用している素麺はこちら「山辺の道」

第2回 地理的表示フェスティバル


「第2回 地理的表示フェスティバル」にて三輪そうめんをアピールしてきました。

こちらのマークはGIマーク(地理的表示)といい、

伝統的製法をもち、気候や風土と結びつきが強い地産物、「地域ブランド」に与えられた称号です。

「三輪そうめん」も守るべき地域ブランドとして選ばれております。


農林水産省主催GIマーク販促イベントが9月22〜24日、

イオンモール幕張新都心店で行われ、三輪そうめんは22・23日の2日間に参加。


相当なお客様に訪れていただき、あっという間にサンプル配布が終了。直にお客様の声も聞くことができました。


奈良から精鋭が集まり、地域団結して三輪そうめんをアピールできました。

ご来場いただきましたお客様、ありがとうございました!

JR東海WEB「わたしならTRIP」の取材日誌


奈良の魅力がぎゅうとつまった JR東海WEB「わたしならTRIP」 旬食日記に

池利の素麺茶屋「千寿亭」をご紹介いただきました!

「わたしならTRIP」旬食日記はコチラ

おすすめの3つとしてご紹介いただいたメニュー


この春にデビューした「枯節そうめん」 熟成させた本枯節を堪能できる他にはないそうめん

【左】は「トマト風味 温つけ汁」 さっぱとりとした池利特製のトマトつゆをあったかくして。

加えて肉厚ジューシー大和ばあくが添えてあります。

【右】は「冷し素麺天ぷら付」 カラリとあがった天ぷらと彩あざやかなそうめん。

千寿亭定番メニューです。

打ちあわせ
取材を受けている1コマ。それぞれのメニューの推しについて語っております。

奈良にお出かけの際にはぜひとも千寿亭にお立寄りください。

・三輪素麺専門店「千寿亭」のご紹介はこちらから!

・千寿亭で使用している素麺はこちら「山辺の道」

テレビ東京系列「なないろ日和!」で千寿亭を紹介いただきました!


「なないろ日和!」 テレビ東京系列

大人の修学旅行〜奈良〜と題し

フリーライター倉橋みどりさんが旅の達人として
池利の素麺茶屋「千寿亭」をご紹介いただきました!

今回のリポーターは高見恭子さん

お。お二人がやって来ましたよ。

まずは小売コーナー。当店の三輪そうめんはもちろん

奈良のおみやげも充実しております。

千寿亭定番メニュー「冷やしそうめん」レンズ越しに輝いております★

※「山辺の道」を使用しております


高見恭子さんが「冷やしそうめん」を一口。

「うん!おいしい!素麺ってこんな味だったんですね!」と感嘆の声。

フリーライター倉橋みどりさんも続いて

「こちらのはひと味違うんですよね。シャキッとしてる感じ、おいしいですほんとに」と嬉しいコメント。

奈良のじっくりと味わい深い旅の1ページに加えていただき光栄です。

なないろ日和!


撮影頂いた「冷やしそうめん」は実際にお店でお出ししております!
今回の内容は8月9日(水)『なないろ日和!』にて放送いただきました。

・三輪素麺専門店「千寿亭」のご紹介はこちらから!

・今回ご試食いただいた素麺はこちら「山辺の道」

高校生「三輪そうめん」を学ぶ

次の世代を担う地元の高校生が工場見学にきてくれました。

そうめん発祥の地 桜井市 地元高校生8名がここ池利に集結。

卜定祭

三輪そうめんの歴史からはじまり、うどんとそうめんの違いに触れ、

そうめん工場に専用の熟成庫をめぐり

千寿亭にてアレンジそうめん料理を食べたりと盛りだくさんの内容。

20130205yasune

三輪そうめんができるまで ザ・醍醐味の「箸さばき」にも挑戦!

安値

次の世代を担う若者たちが、日本の食文化でもあり、地産物でもある三輪そうめんを知り、

来てくれたみんなの引き出しがひとつでも増えてくれればうれしい限りです!

「三輪そうめん」は永遠です!

集中豪雨の影響によるお荷物の集配遅延について

平成29年7月6日

お客様各位

いつも三輪そうめん池利をご利用いただき誠にありがとうございます。

7月5日の集中豪雨の影響で、福岡県および大分県の一部地域では道路の冠水や河川の氾濫が発生し、お荷物の集荷や配達に

遅れが生じています。また、道路や家屋などにさらなる被害が拡大しているため、今後の状況によっては、他の地域でも遅延が想定されます。

詳しい配送状況につきましては、下記の各社ホームページをご確認ください。

◆日本郵便はこちら

◆ヤマト運輸はこちら

お客さまにはご迷惑をお掛けいたしますが、何とぞご了承いただきますようお願い申し上げます。

お問い合わせは、サービスセンターまでお願いいたします。(0744-43-2421)

以上

三輪そうめんが条例に

三輪そうめんを食べよう

奈良県桜井市 の市議会で2017年6月19日、

桜井市の特産品である「三輪そうめん」の普及、

促進を目的とする条例が可決されました。

7月7日「そうめんの日」から施行される予定です。

三輪そうめんが条例に

三輪そうめんが条例に

日本の「麺」のルーツと言われる「三輪そうめん」

その歴史は長く、約1200年とも。

三輪そうめんを食し、広めていく…地域からはじまるこの試みは興味深いですね。

三輪そうめんを子供たち、孫たちへつないでいく大事な一歩です。

この日は取材の方々がたくさん。

社長も熱をおびています。

三輪そうめん

皆さま、三輪そうめんを食べましょう。

あまから手帖 取材日誌

あまから手帖 取材日誌

2月某日「千寿亭」があまから手帖の取材をうけました。

2017年4月号の特集は奈良。奈良グルメの1ページを飾ります。

打ち合わせ

なにやら準備がはじまりました。どんなメニューが選ばれたのでしょう。

準備

■五品素麺

旬の食材を使い、季節をかみしめることができる限定メニューが並びます。

幅広い素麺料理をご賞味いただけます。

安値

■トマト味噌にゅうめん

絶妙な組み合わせがたまらない。やみつきになるおいしさです。

千寿亭の人気メニューの一つです。

トマト味噌にゅうめん

“奈良、開花”と題して吉野・大和郡山・桜井などが特集された

あまから手帖 2017年4月号は3月23日(木)発売予定です。

池利 三輪素麺茶屋 千寿亭≫

卜定祭 2017

卜定祭(ぼくじょうさい)

三輪そうめんの産地、奈良県桜井市にある大神神社で5日、

生産者と卸業者の初取引の卸値を神前で占う「卜定祭」が営まれました。

卜定祭

業界の代表・日本の各産地から多数の参加を頂き、今年初めての素麺価格が発表されるのです。

100円刻みで前もって決めた「高値」「中値」「安値」の文字を書いた紙玉約20個に、

神職が筒状の麻を近づけ、付着した紙玉を神意とする伝統行事。

20130205yasune

安値

厳かな雰囲気の中…2017年度分についての選ばれし神のお告げは……「安値」

そうめんの舞

巫女さんによるそうめんの舞です。

そうめんの舞

そうめんが多くの皆様に愛されますように。

そうめん業界の盛り上がりを祈願。

そうめんの舞

ドドンと「安値」が貼りだされました。

※三輪そうめんは昨年、地元の特産品の産地名をブランドとして守る

地理的表示(GI)保護制度の対象に登録された。

生産者でつくる奈良県三輪素麺工業協同組合の池側義嗣理事長(68)は

「1200年の歴史がある三輪そうめんは麺のルーツ。たくさん食べてもらえるよう

ブランドを生かして需要を高めたい」と話している。

上へ戻る