池利本店

買い物かご

9kg箱

三輪そうめん・三輪うどんの通販|池利本店

  • 自宅用
  • ギフト
  • 用途で選ぶ
  • 価格帯で選ぶ
  • レシピご紹介
年越しそばにしん付き
そうめんの日
七色素麺 流しそうめん 自宅用そうめん
七夕の日に、7つの味わい、七つの彩り。 七色素麺 七色素麺 流しそうめん BRUNO 流しそうめん器 グランデ BRUNO 流しそうめん器 自宅用そうめん
お徳用三輪そうめん 池利のめんつゆ
三輪そうめん条例

七夕の日に、七つの味わい、七つの彩り

7月7日は七夕の日でもあり、そうめんの日でもあります。そうめんの日とは、そうめんを食べて芸事、恋愛、健康の願い事が叶うよう設定された日です。年に一度の彦星と織姫の星祭とそうめん。語り継がれ、受け継がれてきた伝統二つを結びつける「七色そうめん」七つの風味が豊かに広がるそうめんをこの日にお楽しみください。


桜井市三輪素麺の普及の促進に関する条例

三輪素麺は、現在から 1,200 年余り前、飢饉に苦しむ民を救うため、 保存食として小麦を挽いて棒状に練り乾燥させたものが時を経て 苧環 おだまき の糸のような細く白い素麺として誕生したものであり、公 く 卿 ぎょう の日記や 女官たちの手記によると平安時代以降、宮中や貴族の間で、七夕に食 する風習があったとされている。 三輪素麺づくりは、冬の厳しい気候の中で伝統的な手延べ製法が守 り続けられており、日本の伝統食である素麺は、大和の人々にとって 伝統行事や日常の食に溶け込んだ食べ物として、また日本中の人々に 年中を通じて日常の食べ物として親しまれている。 そのような中、三輪素麺は、本市の優れた地域資源として、桜井市 地域ブランドに認定され、更に、他とは違い手延べによる細く白い優 れた品質を保持し、国が地域特有のブランドとして保護する「地理的 表示保護制度」の登録も受けたところである。 このような古い歴史をもつ三輪素麺を積極的にPRし普及するため に、三輪素麺を食する習慣を広め、伝統文化への理解の促進及び本市 の地域経済の活性化を図るため、この条例を制定する。
参考URL:奈良県桜井市公式HP


七夕はそうめんの日

七タは、中国から伝わった五節句(1月15日七草・3月3日桃の節句・5月5日端午の節句・7月7日七夕・9月9日重陽の節句)の一つで、中国から伝わった彦星(牽牛)と織姫の星祭りである。
竿竹に短冊を飾りつけ、七夕飾りをする。その短冊には「願いごと」を書き成就を祈る。
加えて、「そうめん」を糸にみたて「芸事(機織)が上手になるよう」小麦は毒を消すといった言い伝えから「健康を願い」また、年一度の彦星と織姫のデートにあやかって「恋の成就を願い」行事食である「そうめん」を食べたとも言われています。参照:全国乾麺協同組合連合会

表示切替:
5件中1件~5件を表示
5件中1件~5件を表示

ページトップへ