池利本店

買い物かご

9kg箱

三輪そうめん・三輪うどんの通販|池利本店

  • 自宅用
  • ギフト
  • 用途で選ぶ
  • 価格帯で選ぶ
  • レシピご紹介
そばの日

にゅうめん

にゅうめんイメージ画像

にゅうめん(にゅう麺)とは

奈良県の郷土料理。主な使用商材はそうめん、だしを使用します。大和(やまと)地方(奈良県)は手延べそうめんの発祥地といわれる。そうめんは冷やしそうめんが一般的であるが、この地方では晩秋のころから温かく煮たそうめんをつくる。これがにゅうめん(にゅう麺)で、入麺、煮麺の字があてられ、年間を通して食べる食文化が根付いています。シイタケ、ナス、干しえび、湯葉、青菜などを薄味に煮ておき、ゆでたそうめんにのせて、つゆを張りさっと煮立ててつくる。大和地方では、煮た材料とつゆを冷やしておき、冷たいそうめんにかける食べ方が古くからあり、にゅうめんはこれをそっくり温かくしたものである。

そうめんと温麺(うーめん)の違いは

温麺もそうめんの種類の1つであり、そうめんとの違いはそうめんは製造過程で油を使用しますが、温麺は油を使いません。麺の長さも特徴的で9cm(そうめんは19cm)と短いので調理がしやすく乳幼児や高齢者のメニューに使用されることも多いようです。そうめん同様冷たくしても温かくしてもどちらでも好まれていますがどちらかと言うと温かい汁、もしくは出汁で煮て食べることが好まれていると言われています。



取り組み

奈良県桜井市において、「そうめん条例」が制定されています。伝統的に受け継がれてきた三輪素麺(みわそうめん)を食べる習慣を広め、伝統文化への理解の促進及び桜井市の地域経済の活性化を図る目的に制定されました。また、伝統的な生産方法や気候・風土・土壌などの生産地等の特性が、品質等の特性に結びついている産品として、「三輪そうめん」は国の地理的表示保護制度(GI)にも登録されています。



スープで楽しむお湯かけにゅうめん カップで楽しむスープ素麺
表示切替:
2件中1件~2件を表示
2件中1件~2件を表示

ページトップへ