三輪そうめん池利のお歳暮ギフト

「友人から頂きました。」吉野葛を作る老舗の友人から「大日本物産相撲」なるものを頂きました。

吉野葛を作る老舗の友人から「大日本物産相撲」なるものを頂きました。

ネットで調べてみると・・・・

     『江戸時代、番付といえば「相撲番付」を指した。それほど相撲が庶民の間に浸透し、親しまれていた証し。

     同様に、何でもランク付けしたがる気質を反映したのが「相撲見立(みたて)番付」。

     相撲番付のスタイルをまねて、実にさまざまなものが作られている。

     その中の一つとして、各地の特産や名物を取り上げた「大日本産物相撲」がある。』

との事。友人曰く「1840年頃のものらしい・・・・」

江戸当時の庶民文化ながら面白いですね。

友人の作る「吉野葛」、私たちの「三輪素麺」、今は作られていませんが「奈良晒(ざらし)」

今年の成績は、勝ち星8と言うところでしょうか…

20120725bussannsumou

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 



ページトップへ