三輪そうめん池利のお歳暮ギフト

スケジュール


出産1カ月後のお宮参りの頃に、出産内祝いを贈ります

赤ちゃんが生まれると、1カ月後くらいにお宮参りをするのが一般的。
このころに赤ちゃんの名前で品物を贈るのがマナーとされています。

産後間もない時期は、赤ちゃんの世話にも手いっぱいで、体調の回復にも個人差があります。
出産之内祝いを贈るタイミングをうっかり逃さないよう、早めに準備しておきましょう。


■出産内祝いスケジュール

|出産前|

出産内祝いはできれば妊娠中に準備しておくのがよいでしょう。
また、品選びと贈り先の見込みを考えておきましょう。

【住所録の整理】
結婚祝いをいただいた方など、連絡先をひとまとめにして、整理しておきます。

【品選び】
何を贈るかおおまかな目安を立てておきましょう。

|出産後|

赤ちゃんにまつわる行事が次々とあり、お祝いの品も届きます。
忙しい時期ではありますが、内祝いを贈るのを忘れないようにしましょう。

▶産後1週間

生後7日目の夜を「お七夜」といい、命名を行います。
命名書に毛筆で名前と生年月日を記しましょう。

▶出産祝いが届く

出産祝いをいただいたら、3日以内に電話や手紙でお礼 を伝えましょう。
出産祝いをいただいた方のリストを作り、内祝いの品を 決めてメモしておきます。

▶お宮参り

生後1か月ごろ。赤ちゃんが生まれ健やかな成長を祈り、 近くにある神社などにお参りに行き、
生まれた土地の 守り神様である産土神様に参拝する行事です。

▶内祝いを贈る

お宮参りがすんだ頃をめどに、内祝い品を手配します。

※贈る相手の好みやライフスタイルを意識して、 願いをこめた大切なお名前をお披露目できるギフトを 楽しく選びましょう。

第3位 七色素麺 第2位 色撫子 第1位 手延べ紅白うどん

お子様の初めてのご挨拶にふさわしい縁起物の贈り物

細く繊細な麺線と色味、女性をイメージした五色の贈り物

そうめんの日にちなんだ、七つの味と彩りの贈り物




ページトップへ