三輪そうめん池利の秋ギフト

内祝いの渡し方

内祝いやお返しの品物は、訪問して手渡しするのが本来のマナーですが、先方の都合や遠方である場合など、相手に負担をかけないように配送することが増えてきています。

手渡しの場合、先方の都合を事前に確認してからご自宅に伺うようにしましょう。風呂敷、紙袋に入れて品物をお持ちするのがマナーです。

玄関でお渡しする場合、品物を相手の正面にして両手でお渡しします。部屋に通された場合、席についてから品物をお渡しするようにします。

このとき、テーブルの上に品物をおかないように注意が必要です。テーブルの上で品物を擦らないように、軽く持ち上げてお渡しします。

配送する場合、内祝いやお返しにお礼状やメッセージカードを添えると丁寧です。

また、目上の方に内祝いやお返しを配送されるときは、お礼状を先に送るようにします。「直接お伺いができなかったお詫び」「感謝の気持ち」「品物を送ったこと」など、お礼状の内容に記載します。


第3位 七色素麺 第2位 色撫子 第1位 手延べ紅白うどん

お子様の初めてのご挨拶にふさわしい縁起物の贈り物

細く繊細な麺線と色味、女性をイメージした五色の贈り物

そうめんの日にちなんだ、七つの味と彩りの贈り物




ページトップへ